【追悼】In Loving Memory of The Rev. 2010- 02 The Rev.一万字インタビュー(2006)

2009年12月28日に亡くなったA7XのオリジナルドラマーThe Rev.が地上に28年間生きたことを祝い、懐かしく思い返し、記憶に遺すためのThe Rev.特集、今週は、2006年、City of Evilが売れ、バンドがメインストリームに乗った頃、ドラマーとしておそらく初めて専門誌から受けたロングインタビューを訳したものを載せたいと思います。Modern Drummer2006年10月号インタビューとなります。
ドラマーとしてどのようにキャリアを始めたのか、影響を受けたバンドやアーティストの話、ツーバスドラムでの練習方法、意外にまじめなツアー生活。日本語訳してみると一万字を超え、短いキャリアだけに専門誌での長いインタビューの数が限られるためか、興味深い内容となっています。
長いのでリンク先からどうぞ。

Modern Drummer
発売日/掲載日:200610
インタビュイー:
インタビュワー:Michael Parillo
ページ/分量:不明
メディアタイプ:雑誌
発売国(if any):アメリカ
リンク:Modern Drummerサイトに掲載されたインタビューはこちら
バックナンバー購入はこちら
リンク:「俺は、全フィルと何もかも全部のパーツとを書き出して、ただできるだけ速いだけじゃなくて、できる限り創造的なものにしようと決めたんだ。出来上がりについては本当に幸せを感じてるよ。次のレコードでは100%この出来を超えたいとも思うけどね」>>>続きはこちら

もしかするともう一個コンテンツを追加するかもしれませんが、ちょっと急いでいるので・・・

カテゴリー: From heather, Paper Mags タグ: , , パーマリンク

【追悼】In Loving Memory of The Rev. 2010- 02 The Rev.一万字インタビュー(2006) への1件のフィードバック

  1. ピンバック: Tweets that mention 【追悼】In Loving Memory of The Rev. 2010- 02 The Rev.一万字インタビュー(2006) | Deathbat-JP News Blog -- Topsy.com

コメントを残す