Waking The Fallen

Avenged Sevenfold、スタジオアルバム2作目、ウェイキング・ザ・フォールン
2003/8/26リリース、この作品から、現在のラインナップに固定。Synyster GatesのSynyster Gatesらしいごてごてなギターソロ全開、M.Shadowsの大仰曲構成趣味全開の作品で、スクリームが減り始め、よりメロディ重視に移行し始める一作。City of evilと比べれば、暗く重苦しい曲調が多いのが特徴だが、1作目からある、ギターリフの力強さとか、クリーンボイスのメロディラインのややキャッチーさとかは変わらないし、曲展開の多彩さも変わらない。
Warped Tourを中心に精力的にライブ活動を展開し、Unholy Confessions、Chapter Fourなど、現在でもライブで演奏している名曲を含有したアルバムで、シーンでひとつ頭飛びぬけた存在になるきっかけとなった。現在でも、この当時のハードさをバンドに求めるファンも存在することは否定できない。
このアルバムを契機に、メジャーレーベルWarner Bros.との契約に至る。

各曲レビュー

下記リンク先にて。
By Heather @ Deathbat-JP

General Date

レコーディング時期:2003年
発売日:2003年8月26日
録音時間:68:40
レーベル:Hopeless Records
レコーディングスタジオ: NRG Recordings /North Hollywood, Los Angeles, California
プロデューサー:Andrew Murdock 、Fred Archambault
シングルカット:”Second Heartbeat”(2003)、 “Unholy Confessions”(2004)
PV:”Unholy Confessions”

Production

作曲・作詞:
全てAvenged Sevenfold。但し、Waking the FallenのみScott Gilmanとの共作。

バンド:
M. Shadows – リードボーカル
Synyster Gates – リードギター、バックコーラス
Zacky Vengeance – リズムギター、バックコーラス
Johnny Christ – ベース、バックコーラス
The Rev – ドラム、バックコーラス

Prdouction:
Andrew Murdock – プロデューサー
Fred Archambault – 副プロデューサー
Tom Baker (Precision Mastering) – マスター
Scott Gilman – オーケストレーション、プログラミング

Song list

#1:”” 1:42
#2:”Unholy Confessions” 4:43
#3:”Chapter Four” 5:42
#4:”Remenissions” 6:06
#5:”Desecrate Through Reverance” 5:38
#6:”Eternal Rest” 5:12
#7:”Second Heartbeat” 7:00
#8:”Radiant Eclipse” 6:09
#9:”I Won’t See You Tonight Pt. 1″ 8:58
#10:”I Won’t See You Tonight Pt. 2″ 4:44
#11:”Clairvoyant Disease” 4:59
#12:”And All Things Will End” 7:40

プロモーション、メディア露出等

“Chapter Four” がビデオゲーム、「NASCAR Thunder 2004」「Madden 2004」「NHL 2004」で使われる。
“Unholy Confessions”のPVが、MTV2の Headbanger’s Ballで放映される。

Headbanger’s Ball spawns second compilation” BPI Entertainment News Wire. “Here is the MTV2 Headbanger’s Ball, Volume 2″ track list… Disc one… ‘Unholy Confessions,’ Avenged Sevenfold.” August 2, 2004.

Crritial Acclaim/評価

Allmusic 3.5/5>>Link
Blender 4/5>>Link
Kerrang 4/5

Billboard誌:NOFX、Iron Maiden、Metallicaと比較し、紹介。

“Artists to Watch: AVENGED SEVENFOLD.” Billboard. “Orange County, Calif.’s Avenged Sevenfold stands at a crossroads. In one direction is the present and future: the current punk/metal hybrid known as “screamo.” In the other, the past: influences of such punk bands as NOFX and Bad Religion; the ’80s-metal dynamic of Judas Priest, Iron Maiden and Metallica; and a touch of goth.”

LexisNexis:

“Avenged Sevenfold members carve a new niche with old sound” The Bradenton Herald accessed via LexisNexis. September 18, 2003. “Their long bangs and black eye makeup draw comparisons to the Misfits. Their cryptic lyrics are similar to Iron Maiden. The guttural vocals and machine-gun percussion sound like early Metallica. And the guitar riffs are reminiscent of Crimson Glory.”

関連リンク

ウェイキング・ザ・フォールン/サウンディング・ザ・セブンス・トランペット二枚組みをAMAZONで購入