Diamonds in the Rough

Avenged Sevenfold、初のB-side集、ダイアモンド・イン・ザ・ラフ

Self title作と同時期にレコーディングしていながら、アルバムに入らなかった曲と、2曲のカバー曲、2曲の別アレンジ曲を入れた、B面集。

各曲レビュー

リンク先にて。
By Heather @ Deathbat-JP

Song list

# 1. “Demons” 6:17
# 2. “Girl I Know” 4:26
# 3. “Crossroads” 4:33
# 4. “Flash of the Blade” (Iron Maiden cover) 4:05
# 5. “Until the End” 4:46
# 6. “Tension” 4:51
# 7. “Walk” (Pantera cover) 5:24
# 8. “The Fight” 4:09
# 9. “Dancing Dead” 5:54
#10. “Almost Easy” (CLA Mix) 3:57
#11. “Afterlife” (Alternate version) 5:55

* “Almost Easy” はアルバム版だが、Andy Wallaceではなく、Chris Lord-Algeがミックスを担当した版。

General Date

レコーディング時期:2006 – 2008
発売日: 2008年9月16日
発売日(日本): 2008年9月24日
売上: 10万+(USA/Music video プラチナ)
Billboard album200 最高ランク: #24(DVD”Live in the LBC”と同梱)
録音時間:52
レーベル: Warner brothers
レコーディングスタジオ:Sunset Sound Recorders、Los Angeles、California。Eldorado Recording StudiosおよびBurbank & Capitol Studios、 Hollywood, California等
プロデューサー:Avenged Sevenfold
シングルカット: “Crossroads”
PV:-

Production

作曲・作詞:
Avenged Sevenfold、但しカバー曲”Walk”(Pantera)、”Flash of the Blade”(Iron Maiden)を除く

バンド:
M. Shadows – リードボーカル
Synyster Gates – リードギター、バックコーラス
Zacky Vengeance – リズムギター、バックコーラス
Johnny Christ – ベース、バックコーラス
The Rev – ドラム、バックコーラス

Prdouction:
Avenged Sevenfold – producer(s)
Fred Archambault and Dave Schiffman – engineers
Mike Fasano – Drum tech
Walter Rice – Guitar tech

プロモーション、メディア露出等

-

Crritial Acclaim/評価

Allmusic 3/5 stars>>Link
Kerrang! 3/5 stars
Revolver 3.5/5 stars
Rock Sound 4/10 stars
Rockmidgets.com 4/5 stars>>Link
World of Music 3.5/5 stars

関連リンク

ライヴ・アンド・レア(日本盤/字幕つき)をAMAZONで購入
Live in the Lbc & Diamonds in the Rough (輸入盤/字幕なし)をAMAZONで購入